株式会社 クラスハウス CLASHOUSE 株式会社 クラスハウス CLASHOUSE

奥深い収納は造らない。

入れるモノより大きいサイズの収納にすると奥のモノが見えにくく取出しにくくなります。

取り出す頻度が低い保存するモノを入れる場合以外は目的のない奥深い収納は造らない方が良いです。

収納は何処に何を置くか決めてサイズを決める事が大切。

リノベーションの場合も図面から収納の大きさがどれほど確保できるか確認し、お客様の必要なモノの量・生活動線や生活スタイルに合わせて収納の大きさや収納方法を考えていきます。

現在のお住まいで不便な所や収納でお困りの部分をなくして快適な生活空間に造りあげていきます。

お客様の理想のおうちと実際に住み始めてからの快適さのギャップが生まれないようにしっかりお客様からヒアリングさせていただき、お客様に最適な収納のご提案が出来るように心がけています。

整理収納アドバイザー1級 繁村

CONTACT

ご相談・お見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください。