株式会社 クラスハウス CLASHOUSE 株式会社 クラスハウス CLASHOUSE

“内覧会ご来場有難うございました。”戸建リノベーション 【周南市】

2020年10月20日(火)~25日(日)にフルリノベーション完成の内覧会を開催しました。

たくさんの方にご来場頂き、有難うございました。

クラスハウスの内覧会に初めてご来場された方も多く、弊社がリノベーションした家をご体感頂きとても嬉しく、また嬉しいお言葉もたくさん頂き今後の励みとなる内覧会となりました。

また、せっかくご予約のご連絡をいただいたにも関わらず、込み合った時間帯もありご予約がお取りできなかったお客様もいらっしゃり、大変申し訳ございませんでした。

周南市ではありませんが2020年11月下旬ごろ、山口市で新築平屋、納屋を住居に変える家の内覧会を予定しております。

またHP・Instagram・Facebokにてお知らせいたします。

こうして内覧会を開催できたのも快くご協力、ご理解いただいた施主様、ご家族様の賜物です。誠に有難うございました。

 

築50年の木造住宅リノベーション工事。基礎補強をはじめとした耐震工事、断熱改修工事にご理解をいただき、安心と快適な空間にインテリアへのこだわりをプラスしたフルリノベーション工事です。

解体工事前の内観です。築50年前後の建物で、この時代の建物は薄い壁の中に土壁が施工されていました。これは断熱効果も期待されてのものです。リフォームではこの土壁を残したままという現場も多く見られますが、全て撤去し床下、壁、天井に断熱材を隙間なく施工します。

解体工事の様子です。解体後に現場で大工、監督、設計者が集り基礎、構造補強の打合せをしました。

建物内部の解体工事が終わり、基礎工事の段取りに移ります。雨がつづく為、内部が濡れないように養生をしています。写真が暗いですね。

基礎工事にとりかかりました。オシャレなインテリアを主張した写真が先に発信されることが多いリノベーション工事ですが、永く暮らすためには、安心と快適な建物が基本になると思います。

 

基礎工事と基礎の補強工事が終わりました。

 

床組工事の様子です。

 

床の断熱材が入りました。床断熱には断熱性能の高いフェノバボードを採用し気流止め、気密テープまで施します。

 

気密テープを貼って気流止めをします。~床~

~壁は気密テープ・天井は気密シート~

気流止めをすることにより気密性が高まり、断熱材の本来の性能を発揮します。

 

この後、壁・天井のクロスを貼っていきます。

 

内装工事が終わりました。

玄関から見える建具は、造作建具です。数ある色の中から悩みに悩んでそれぞれ違う色にされました。

一部屋一部屋が、お施主様のこだわりの空間です。

リビングのアクセントウォールは、ブロックタイルを取り入れることで立体感を!

キッチンの食洗機はドイツ製のMieleにされました。

造作洗面はモールテックスで存在感たっぷりに仕上がりました。

洗面脱衣室の隣には広々としたランドリールームを。奥のカウンターはアイロンをかけたり洗濯物を畳むスペースです。

洗濯機や乾燥機、ハンガーパイプやアイロン台を設置することで、洗濯から乾燥、アイロン、畳む作業を一貫して行えますね。

 

 

CONTACT

ご相談・お見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください。